【小さな雷に要注意!】冬の静電気対策

こんにちは。
毛髪診断士 鈴木大地です。

一段と空気が冷たくなり、乾燥を肌で感じるこの季節。

乾燥するのはお肌だけでなく、髪の毛も同じですね。

髪が乾燥してパサつくと気になるのが『静電気』

ニット素材の服を着たり、マフラーを巻く機会が増えるので気にしている人も多いのではないでしょうか?

静電気を帯びた髪は、空気中のチリやほこりを吸い寄せたり、髪同士を反発させてしまうので、はねやすく、まとまりにくくなってしまいます。

 

「髪のパチパチ」は小さな雷

セーターを脱いだ時にパチパチするあの静電気のイヤな痛み。

あれは服の中で小さい雷が発生しているのと同じ状態なんです。

マフラーを外した時にも髪と擦れてパチパチ。

あの静電気、髪にとっては大きな火傷のようなものなんです。

ただでさえ乾燥してパサつきやすいデリケートな状態に、小さい雷が当たると髪にとっては大ダメージになってしまいます。

大切な髪を守るために、しっかりと静電気対策をしておきましょう。

 

静電気の原因は乾燥と摩擦

静電気が発生するのは主に秋冬ですが、その理由は空気の乾燥によるもの。

外の空気も、室内も空調の影響で乾き気味ですよね。

そんな空気の中にある髪の毛は当然、水分を保てずにドライ状態になってしまいます。

静電気は乾燥と摩擦が大好きなので、ここぞとばかりに発生します。

 

対策には水分保持を

静電気の対策をするには、髪に水分をたっぷり補うことが効果的です。

その方法は

①保湿力の高いシャンプーやトリートメントを使う
②流さないトリートメントで水分が閉じ込める
③ドライヤーで乾かしすぎない

などの方法があります。

乾燥で髪はパサパサ、静電気で広がっていると髪つやも出ずらく、年齢以上に見えたり、疲れて見えてしまいます。

髪の毛もお顔とあなじように常にみずみずしい状態を保つことが大切です。

洗顔後の肌に化粧水やクリームを付けるのと同じように、髪の毛にも流さないトリートメントをつけましょう。

髪の水分バランスが整うと、静電気の起きにくいツヤツヤヘアになりますよ。

秋冬も乾燥知らずの潤うヘアケアで静電気のパチパチから大切な髪を守ってあげて下さいね!

関連記事一覧