【小さな雷】冬の静電気対策

冬の乾燥と静電気の関係

髪 静電気 乾燥

一段と気温が下がり、空気の乾燥を肌で感じる季節になりましたね。

空気が乾燥するとお肌だけでなく、髪の毛からも水分が奪われてしまいます。

髪が乾燥すると気になるのが『静電気』

  • 髪が浮いてスタイリングしずらい
  • 髪が顔にまとわりつく

こんなことに困っていませんか?

実はこの静電気、髪には大きな負担がかかっているんです。

そこで今回は冬の厄介な静電気の原因と対策をお伝えします。

 

 

髪のパチパチは小さな雷

セーターを脱いだ時にパチパチ、マフラーを外した時にも髪と擦れてパチパチ…

そんな静電気のイヤな痛み…、

実は服の中で小さい雷が発生している状態なんです。

私たちにとっては少し不快な程度ですが、髪にとっては大きな火傷のようなもの。

ただでさえ乾燥してパサつきやすいデリケートな状態に、小さい雷が当たると髪に大ダメージとなってしまいます。

 

 

静電気の原因は乾燥と摩擦

静電気が発生するのは主に秋冬ですが、その理由は空気の乾燥と摩擦によるもの。

外の空気が乾いているのはもちろんですが、室内の空気も空調の影響で乾き気味です。

そんな環境の中にある髪の毛は水分を保てずにオーバードライ状態になってしまいます。

乾燥した髪には摩擦が起きやすく、静電気は摩擦が大好きなのでここぞとばかりに発生します。

 

 

静電気対策には髪の保湿を

頭皮 乾燥 潤い

静電気から髪をも守るためには、髪に水分をたっぷり補うことが効果的です。

毎日のヘアケアで髪の保湿をするこどで静電気対策になります。

いくつかご紹介しますので試してみてはいかがでしょうか。

 

髪に水分を補う方法

保湿力の高いシャンプーやトリートメントを使う
毎日行うシャンプーを『洗浄力の優しいしっとりタイプ』にする方法です。
洗浄力の強いシャンプーは頭皮や髪の皮脂を過剰に取り去ってしまうため、乾燥を進めてしまいます。
できるだけ優しいシャンプーを使用し、髪の水分を逃さないようにしましょう。

流さないトリートメントで髪に水分を閉じ込める
シャンプー後にはドライヤーをかける前に流さないトリートメントをつけましょう。
髪の表面を覆うことで、水分が過剰に蒸発することを防ぎます。
水分の閉じ込めにはオイルタイプがオススメです。

乾かしすぎない
ドライヤーで必要以上に乾かさないようにしましょう。
シャンプー後は頭皮を中心に乾かし、毛先が9割くらい乾いたら冷風で仕上げてみてください。
髪表面のキューティクルが閉じて、水分の蒸発を防ぎます。
ツヤも出るので髪がキレイになります。

室内はできるだけ加湿する
髪に水分を閉じ込めたら、その水分が蒸発しないようにできるだけ部屋を加湿しましょう。
人が快適に過ごせる湿度は40~60%です。

 

これらの方法を取り入れると髪の静電気を抑えることができます。

静電気や乾燥で髪が広がりパサついていると、髪のツヤも出ずらく、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

髪の毛もお顔と同じように常にみずみずしい状態を保つことが大切。

洗顔後の肌に化粧水やクリームを付けるのと同じように、髪の毛にもしっかりと水分を与えてくださいね!

髪の水分バランスが整うと、静電気の起きにくいツヤツヤヘアになりますよ。

秋冬も乾燥知らずの潤うヘアケアで静電気のパチパチから大切な髪を守ってあげて下さいね!

 

 

髪に潤いを与えて静電気防止に役立つ
ZEROカラーケアフォームはコチラ

ZEROカラーケアフォーム

関連記事一覧