【頭皮が冷え性?】冷房が頭皮に与える影響

便利で快適はエアコンは夏の強い味方

エアコン 頭皮

まだまだ残暑が厳しく、エアコンをつけっぱなしという人も多いのではないでしょうか。

私自身もリモートワークが増え、室内にいることが多いのですが最近は24時間つけっぱなしという日もあるくらいです。

暑い日には欠かせない便利なエアコンですが実はこのエアコン、頭皮に悪い影響を与えていることをご存知ですか?

 

 

冷房は頭皮の血行を悪くする

冷房 頭皮

冷房のきいた部屋は涼しくて快適ですよね。

暑い日を快適に過ごすためにはとても重宝するのですが、そんな便利な機能を使用するとき、
同時に注意してもらいたいことがあります。

それは『身体の冷え』

冷房は身体を冷やすために使いますが、効きすぎると悪い影響が出てしまいます。

 

 

体が冷えると血行が悪くなる

頭皮 血行不良

人の身体は冷えると体温を逃さないように血管が収縮し、血行が悪くなります。

その中でも特に手や足などの末端部分は、心臓から離れた場所にあるため血液も届きにくく血行が悪くなりやすいのです。

そして忘れがちなのが頭皮のこと。

人の頭も身体の中では末端部分ですので、冷房で冷えると血行が悪くなってしまいます。

頭皮には毛細血管が多く、血管が収縮するとすぐに血行が悪くなり髪を作るための栄養が毛根に届きにくくなってしまいます。

そうなると血管から栄養を受け取って育っている髪は、成長が遅くなり結果的に髪が弱くなってしまうことに。

頭皮と髪のことを考えると冷えはできるだけ避けることが望ましいですね。

 

 

空気の乾燥にもご注意を

髪 静電気

冷房は体を冷やして血行が悪くするだけでなく、頭皮の乾燥も進めてしまいます。

頭皮が乾燥してしまうと、皮膚が頭皮を潤わせようとして過剰に皮脂を分泌します。

皮脂の分泌が多すぎると、頭皮の毛穴を詰めてしまったり、頭皮の酸化(老化)を進めてしまいます。

その結果、頭皮のベタつきや、不快なにおいが発生してしまうかもしれません。

他にも乾燥による痒みやフケなどの頭皮トラブルに繋がる可能性も。

このように冷房のきいた室内では意外と頭皮に負担がかかっているんです。

 

エアコンは上手な使い方を

冷房の負担から頭皮を守るためには日頃からうまく付き合っていくことが大切です。

必要以上に温度は下げず、できるだけ冷房の風が直接当たらない場所で過ごしましょう。
時々頭皮のマッサージをして、冷えて固まってしまった頭皮をほぐし血流の促進をすることも効果的です。

 

 

頭皮を柔らかくほぐすためにはおうちでのケアも大切

頭皮 マッサージ

凝り固まった頭皮をマッサージするなら入浴中がオススメです。

体が温まってリラックスしていますし、シャンプー時にすると頭皮の汚れも同時に落とせます。

冷房の影響で血流が悪くなりがちな頭皮をじっくりほぐすにはちょうど良いですよ。

簡単なマッサージ方法はこちらで紹介しているのでよかったら見てくださいね。

【頭皮の硬さチェックとほぐし方】

 

 

季節の変わり目は頭皮も疲れている

秋 抜け毛

これから日を追うごとに秋に近づいていきますね。

季節の変わり目に体調を崩しやすいように、頭皮も悪い状態になりやすい時期です。

日中は紫外線を避けたり、お風呂上がりには保湿用のエッセンスを使用するなどして
お顔と同じように頭皮のスキンケアもしてあげてくださいね!

 

頭皮の保湿ケアにはZEROカラーケアフォームがオススメ

関連記事一覧