トリートメントにも足し算と引き算を

こんにちは。

毛髪診断士 鈴木大地です。

すっかり秋らしくなってきました。

ファッションに合わせて、髪も秋らしいカラーにしたくなる頃ですね。

 

ヘアカラートリートメント

少しずつ空気も乾燥してくるので、ヘアカラーをした時にはぜひ美容室でのトリートメントをおすすめいたします。

ヘアカラーをすると髪の表面を覆っているキューティクルが剥がれたり、髪の内部にあるタンパク質が流出して、どうしても髪に負担がかかってしまいます。

髪をきれいに保つためには、ヘアカラーで失ってしまったものをプラスするためのトリートメントはとても大切です。

皆さんもホームケアでケアされていますよね。

これからの時期は特に、サロンとホームのダブルのケアで、引き続き髪を守ってあげてくださいね。

 

見落としがちなのが、マイナスのトリートメント。

 

余計なものを取り去る「マイナスケア」をご存知ですか?

実はヘアカラーの後はこの「マイナスケア」も非常に大切です。

例えば、ヘアカラーの2剤に含まれている過酸化水素

1剤と混ぜることで力を発揮しますが、カラー中に力を使わなかった過酸化水素はそのまま頭皮や髪に残ってしまう場合があります。

これを放置してしまうと髪や肌を少しずつ酸化させて、肌荒れや髪のダメージにつながってしまい、ヘアカラーの色持ちも悪くなったりします。

ですので、こうした余計なものを除去するトリートメントも必要なんですね。

プラスのトリートメントはお家でできるものもありますが、マイナスのトリートメントは美容室でしかできないものが多くあります。

いらないものは除去して、必要なものは補充する。

トリートメントの足し算引き算に注目すると健康で美しい髪を長く楽しめますよ。

ぜひこれからのヘアケアでは、

「良いものを足す前に、余分なものを除去する」

ことにも注目してみてくださいね!

関連記事一覧