ZEROカラーケアフォームの効果と使い方

ヘアカラーを長持ちさせるZEROカラーケアフォーム

ZEROカラーケアフォーム

日々の生活を彩るヘアカラーは、私たちが見た目を整える中で大きな役割を持っています。

最近のヘアカラーは「白髪染めに見えない白髪染め」や「外国人風カラー」と呼ばれるような明るめのアッシュやベージュのような柔らかい色がトレンドとなっています。

このようなヘアカラーは赤みの強い日本人の髪には定着しずらく、比較的早く色落ちしてしまいますよね。

時間も費用もかかるヘアカラー、できるだけ染めたてのキレイな色を長持ちさせたいですよね。

そこで今回はヘアカラーを長持ちさせる新しい泡ケア

エブリカラーデイズのZEROカラーケアフォームについてお伝えしたいと思います。

 

ZEROカラーケアフォームって何?どんな効果があるの?

定期的にヘアカラーをしている中でこのようなお悩みはありませんか?

✔︎ヘアカラーの退色が早い
✔︎明るめカラーが退色すると黄色っぽくなる
✔︎毎月染めていて頭皮が心配
✔︎カラー後の頭皮がつっぱる

ZEROカラーケアフォームはヘアカラーに関するお悩みやストレスをゼロにするために作られた、シャンプー前の泡トリートメントです。

今までにない新しいカラーケア方法で

✔︎染めたてのヘアカラーの色を長くキープさせる
✔︎カラーの発色を促し、黄色っぽさを防ぐ
✔︎カラー後の頭皮を残留薬剤から守る
✔︎カラー後の敏感な頭皮を保湿、保護する

このような効果があります。

 

普通のシャンプーやトリートメントとの違いは?

ZEROカラーケアフォームは一般的なシャンプーやトリートメントとは全く違う新しいジャンルのカラーケアです。

それぞれの目的をまとめました。

シャンプー 目的

・シャンプーは汚れの洗浄

・トリートメントは栄養を補うプラスのケア

・ZEROカラーケアフォームはヘアカラー後のいらないものを取り去るマイナスケア

髪のデトックスのようなイメージです。

このようにZEROカラーケアフォームは『ヘアカラーを鮮やかに染め上げ、色落ちの原因を除去する』

さらには、頭皮と髪の保湿と補修してくれる成分を配合して、

「ヘアカラーが長持ちして、頭皮と髪をダメージから守る」

そんなアイテムです。

 

ZEROカラーケアフォームの使い方は?

今までにない新しいカラーケアのZEROカラーケアフォームは使い方がとてもシンプルで簡単なんです。

1、よく予洗いする

2、シャンプー前の予洗いした髪にZEROカラーケアフォームを揉み込む

3、そのまま普段通りのシャンプーをする

4、よくすすぎ、トリートメントをして仕上げる

ZEROカラーケアフォーム 使い方

たったのこれだけです。

これだけで、ヘアサロンと同じケアがお家でできてしまいます。

 

ZEROカラーケアフォームの使用頻度は?

ZEROヘアカラーフォームはヘアカラーをしたその日から、次にカラーをする日まで毎日使っていただくことがオススメ。

一回5プッシュの使用で約1ヶ月分入っています。

使い始めの2週間はヘアカラーの発色を鮮やかに保ちながら、シャンプーだけでは落とし切れない余分な薬剤を除去するために。

その後の2週間はその頭皮と髪の健康を保つために使います。

ZEROカラーケアフォーム 使用頻度

 

カラーシャンプーとは何が違うの?

ZEROカラーケアフォームはあくまでサロンやご自宅で染めたヘアカラーを長持ちさせるためのアイテム。

カラーシャンプーのように髪に色をつける機能はありません。

ここではそれぞれのメリットとデメリットをお伝えします。

 

カラーシャンプー メリット
カラーシャンプーのメリット

✔︎シャンプーだけで髪に色がつく
✔︎カラーバリエーションが豊富
✔︎安く買える

カラーシャンプーは比較的どこでも手に入れることができ、そのカラーバリエーションも様々です。
ハイブリーチをしていて、髪がすぐに黄色っぽくなってしまう人にはとても便利ですよね。
一方でデメリットもあります。

カラーシャンプーのデメリット

✔︎色をつけることに特化しているため髪のダメージケア機能はない
✔︎頭皮や指まで色がつく
✔︎次回のヘアカラーの邪魔になる可能性がある

髪に色をつけることを目的としているため、トリートメント効果や髪のケアには向いていません。
カラーシャンプーを使用される方の中にはブリーチを繰り返し、髪に大きな負担をかけてしまっていることがあるため、
ダメージケアも必要です。
また、指先が頭皮、額などに色がついてしまわないように注意が必要です。

このようにカラーシャンプーは『髪の色』のみに焦点を当てたものが多くあります。
とにかく「カラーの色が大事なの」という人向けのアイテムですね。

ではここからはZEROカラーケアフォームについてメリット、デメリットをお伝えしていきます。

ZEROカラーケアフォーム

ZEROカラーケアフォームのメリット

✔︎ヘアカラーが長持ちする
✔︎エイジングケアができる
✔︎安心してヘアカラーを楽しめる

ZEROカラーケアフォームは色を補うのではなく、退色の原因になってしまうカラー後の余分な薬剤を取り除くことを目的にしています。
残留薬剤はカラーの色落ちをすすめてしまうだけでなく、頭皮にとっても負担になってしまい、白髪や抜け毛の原因にもなってしまいます。
ZEROカラーケアフォームはそのような負担をできるだけ無くすためのアイテムです。
そのたカラーケアと同時にエイジングケアもできるというメリットがあります。

ZEROカラーケアフォームのデメリット

✔︎取り扱い店がまだ少ない
✔︎効果が分かるのが1ヶ月後
✔︎一般的なケアアイテムじゃない

ZEROカラーケアフォームは、プロの理美容師さんが業務でカラーケアとして使うような、少々マニアックなアイテムです。
サロンケアをホームケアでも行うことで頭皮と髪を守ります。
カラーの色もちに気づくのは、通常退色が気になり始める2週間後。
また頭皮に関しても1日2日では変化が起こらないので最低でも1ヶ月は使い続ける必要があります。

 

あなたの未来を守る新習慣を

ZEROカラーケアフォームは『ヘアカラーの色』だけでなくカラー後のダメージケア
頭皮のデトックス、エイジングケアまで行います。

ヘアカラーは1度始めると長い付き合いになる生活の一部ですよね。

楽しむためのヘアカラーが白髪や抜け毛の原因にならないように今からZEROカラーケアフォームでヘアケア、頭皮ケア、カラーケアを始めてみてはいかがでしょうか。

 

ZEROカラーケアフォームはこちらから

関連記事一覧