【クセ毛の天敵】梅雨の湿気対策

6月の湿気でクセ毛が元気に、、、

梅雨 クセ毛

5月も終盤に入り、だんだん暑くなってきましたね。

過ごしやすい季節が過ぎると、間も無く湿度の高い梅雨がやってきます。

「雨の日は髪が広がってスタイリングがうまくいかない!」

なんてお悩みはありませんか?

今日はそんな湿気の多い日にイライラしないための対処方法をいくつかご紹介します。

雨の日に髪が広がる原因はこれだった!

まず、どうして雨の日に髪の毛が広がってしまうのか、その原因をご説明します。

人の髪は普段「キューティクル」という薄いウロコのようなもので覆われています。

このキューティクルは外から余計な水分が入らないように髪をガードしてくれる役割を持っています。

ですがクセのある曲がった髪や、ハイダメージの髪はキューティクル同士に隙間があるため、外からの水分を吸収しやすくなっています。
水分を吸収した髪の毛は、一本一本が膨らんでしまいます。

そのためクセ毛はクセがより強くなりボリュームが出て、ダメージ毛は広がってしまとまりづらくなるのです。

 

湿気で広がる髪の対処方法

湿気 対策 髪

雨の日はどうしても髪が水分を含みやすく広がりやすいもの。

スタイリングがうまく決まらないと1日中気分が上がりませんよね。

そんな時はぜひ次の方法を試してみてください。

①流さないトリートメントをつける

湿気で髪が膨らんでしまうのはキューティクルの隙間から水分入り込んでしまうから。
流さないタイプのトリートメントをつけると髪の表面をコーティングしてくれます。
キューティクルの隙間を埋めるので余分な水分が入り込みにくくなります。
重くなるのが嫌ならミストタイプ、しっかり髪を落ち着けたい時にはオイルやジェルタイプがオススメです。

②まとめ髪にする

ちょっと強引ですが、まとめ髪にしてしまうと物理的に髪が抑えられるので広がりやうねりをカバーできます。
簡単にヘアアレンジができる商品もたくさんありますので、困った時にはまとめてしまうのもいいかもしれません。
最近はSNSでも簡単なアレンジ方法を紹介した動画もたくさん出ていますので、参考になりますよ!

③ストレートパーマをかける

髪をまっすぐにした状態で形状記憶させる方法です。
髪に多少の負担はかかりますが湿気の影響でウネる、ということはなくなります。
癖が気になる顔周りなど、部分的にかける方法もありますので美容師さんに相談してみてくださいね。

日頃のケアでダメージレスに

クセ毛 トリートメント

髪は常に紫外線やドライヤーの熱、他にもヘアカラーやパーマなどの外的刺激に晒されています。

日頃から髪をケアして、湿気を吸いづらい状態をキープしてくださいね。

お風呂でのトリートメントを丁寧にすることも有効ですよ。

梅雨時期の対策で何より大切なのは、髪のことでイライラしないこと。

早め早めのケアをして、きたるジメジメをのりきっていきましょう!

 

カラーやパーマのダメージから髪を守る
ZEROカラーケアフォームはこちら

関連記事一覧