妊娠中にヘアカラーをしてもいいの?

妊娠中ってヘアカラーをしても大丈夫?

妊娠 ヘアカラー

妊娠中のへカラーについて悩んでいる方はとても多くいらっしゃいます。

「カラー剤はお腹の赤ちゃんにも影響する」なんて噂もあるくらいですから心配になりますよね。

妊娠中はホルモンバランスが変わり、体調が変わりやすいのと共に頭皮の環境もとてもデリケートになります。

そこで今回は『妊娠中のヘアカラー』についてお伝えしたいと思います。

 

 

妊娠中のヘアカラーは特に心配いらない

妊娠中 ヘアカラー

妊娠中のヘアカラーは今のところ、『特に心配しなくていい』と言われています。

妊婦さんがヘアカラーをするにあたって、よく聞く噂話にこんな内容のものがあります。

「ヘアカラーをすると、カラー剤の毒素が頭皮から浸透して、全身を巡ってお腹の赤ちゃんに悪影響を与える」

聞いたことありませんか?

実際に私が美容師としてサロン勤務をしていた頃、このような不安を抱えたお客様がたくさんいました。

やっぱりお腹の赤ちゃんのことがとても大切だと思いますから、とにかく心配があるならやりたくないですよね。

このことについては、結論からお伝えすると現在、100%の正解はありません

ただ、今の時点では『ヘアカラーによる胎児への影響はほとんど心配しなくて大丈夫』と考えられています。

 

 

大手総合病院では『ヘアカラーが胎児に与える影響はないだろう』との見解

妊婦 ヘアカラー 病院

アメリカの大手総合病院、メイヨークリニックでは「妊娠中にヘアカラーをして大丈夫ですか?」という質問に対して、

 「理論的には皮膚から吸収するカラー剤やヘアスタイリング製品は限られているので、それらの化学物質が胎児に害を及ぼすとは考えられていない。
ただ、妊娠中のヘアカラーの使用に関する研究は限られていて、安全と断言できるほどの証拠がない。
心配な人は、ヘアカラーやパーマ、などは産後にしたほうがよいかもしれない」

と言っています。

というのも、ヘアカラーが胎児に与える影響については、詳しく調べた調査があまりないので、実はよくわかっていないというのが現状です。

また、イギリスの国民保険サービスでは「妊娠中または授乳中に染毛剤を使用しても安全ですか?」という質問に対して、

「たしかにヘアカラーに含まれる化学物質が害を引き起こす可能性はあるようだが、これは通常、女性が髪を染めるときに使用する量に比べて非常に高い濃度で使用した場合のことで、普通にヘアカラーやパーマをする分には妊娠中であっても安全だ」

と述べています。

上記のことから考えると、妊娠中のヘアカラーが胎児に与える影響はそこまで心配しなくて大丈夫と考えられます。

 

心配な場合は事前にカウンセリングを

妊娠 美容院

それでもやっぱり心配! …でもヘアカラーはしたい。

と言う場合には事前に担当の美容師さんに相談しましょう。

ヘアカラーを行う前にパッチテストを行ったり、頭皮にカラー剤がつかないように染めてもらうこともできます。

しっかりと相談をしてから施術をすることで、体調に負担をかけないようにカラーをすることができます。

 

 

その他、3つの注意点

妊婦 ヘアカラー 注意

妊娠中のヘアカラーには注意してもらいたい点が3つあります。

1、頭皮が滲みたら我慢しない
ヘアカラー中にしみてしまった場合はすぐに美容師さんに伝えましょう。
妊娠中はホルモンバランスの影響で頭皮が敏感になっている可能性がありますので、
ヘアカラーをしていて頭皮が痛くなったりしたら絶対に我慢しないでください。

2、同じ姿勢に気を付ける
滞在時間の長い美容室では同じ姿勢でいることが多くなります。
ずっと同じ体勢でいると体調が悪くなってしまう可能性もありますので
たまに、立ち上がったり軽く歩いたりして体に負担をかけないようにしましょう。

3、においに注意
ヘアカラーは薬自体に匂いがありますので、カラー中にその薬の匂いを嗅いで気分が悪くなってしまったら、
すぐ美容師さんに伝えて換気の良いところに移動させてもらいましょう。

このようなことに気をつけてもらえれば、妊娠中でもヘアカラーを楽しんでもらえます。

 

 

市販のカラー剤は避けた方がいいかも

妊娠中 ホームカラー

市販のヘアカラー剤は安価で手軽にできるため、少し時間がある時に簡単に使える便利なものです。

しかし、妊娠中にはできれば避けた方がいいかもしれません。

と言うのも市販のヘアカラーは、誰が使ってもキレイに染まるように薬剤の力が強くなっています。

そのため頭皮に対する刺激も強く、妊娠中のデリケートな状態で使用すると痛みとなって現れてしまうかもしれません。

前述したように美容室では、カラー剤が頭皮につかないように塗れたり、カラー剤の力を調整したりできるので安全性が高くなります。

ちょっと手間かもしれませんがヘアカラーをするときは美容室でしてもらうことをオススメします。

 

 

妊娠中のヘアカラーは自分自身との相談を

妊娠中 ヘアカラー

ヘアカラーをするもしないも最終的にはやはり自己判断になりますので、ご自身の体調と相談して決めましょう。

ヘアカラーに不安があるなら無理してしない方がいいですが

『根元が伸びてきて気になる』

『産後はなかなか美容室にいけない』

そういったことでストレスになってしまうくらいなら、ヘアカラーをして気持ちよく過ごしていただくのがいいと思います。

今はヘアカラーの薬剤に、体に優しいものや、アレルギー物質を含まない『ノンジアミンカラー』というものもあります。

できるだけストレスにならない方法で妊娠中もいろいろなおしゃれを楽しんでくださいね!

 

ヘアカラーをした後には頭皮のケアと髪のケアも忘れずに行いましょう!

敏感な頭皮にも使えるカラーケアはZEROカラーケアフォーム

 

関連記事一覧