【withコロナ】マスク荒れの原因と対策

こんにちは。

毛髪診断士 鈴木大地です。

 

生活の必需品になったマスク

マスク コロナ

withコロナが当たり前になっている現在、マスクは必需品になってしまいましたね。

外出時にマスクを着用することには慣れてきましたが、やはり多少の息苦しさを感じてしまいます。

私ごとですが先日、ZEROを取り扱ってくださっているお店の美容師様とお会いしてきました。

その中で「マスクのせいで肌が荒れてしまった」という話になりました。

接客業をされていることもあり、なかなかマスクを外すことができないのだそうです。

同じ思いをしている方も多いのではないでしょうか。

✔︎最近肌が荒れてきた気がする

✔︎口周りが乾燥する

✔︎鼻がヒリヒリする

✔︎急激にニキビが増えてきた

このようなことに心当たりがあったら、その原因はマスクかもしれません。

そこで今回はマスク着用による肌荒れの原因と対策をお伝えいたします。

 

マスクで顔が荒れる原因は複数あった

マスク荒れの原因はいくつかありますのでご紹介します。


1、マスク内が蒸れている

長時間マスクをしていると口周りが蒸れてしまい、マスクの中はサウナ状態になっています。

そのため口周りの皮膚はふやけてしまい、お顔のバリア機能が弱っています。

その状態でマスクと触れている部分が擦れると肌が傷つき炎症を起こしてしまいます。

 

2、雑菌が繁殖している

高音多湿となるマスクの内部は雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

擦れて傷ついた皮膚に雑菌が入り込むと、炎症が悪化し、ニキビの原因になってしまいます。

 

3、水分の蒸発

マスクを外した時はサウナ状態に蒸されていたマスク内部から水分が一気に放出されていきます。

その時に一緒にお顔の水分も逃げ出してしまうため、肌が水分を保てずに乾燥してしまいます。

 

このような要因が重なり合い、マスクの内部の口周りはとても過酷な状態になっています。

 

マスク荒れの対策方法

そうは言ってもこのご時世ではマスクをしなければ簡単に外出もしにくいですよね。

対策方法をいくつかご紹介いたします。

 

1、肌に優しい素材のマスクを着用する

私たちが普段使用している家庭用のマスクは大きく分けてガーゼタイプと不織布タイプがあります。

不織布タイプのマスクは刺激が強いため、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

 ガーゼタイプであれば、肌荒れへのリスクは最小限に減らせます。

またコットン素材のマスクは肌に優しいため、肌荒れが気になる時にはオススメです。

 

2、保護クリームをぬる

マスクが触れる部分にワセリンなどのクリームを塗ると、顔を摩擦から守り、水分の蒸発も防ぐ効果があります。

ベタつくのが嫌な場合はさらっとしたタイプのものを使ってみてくださいね。

 

3、洗顔にはZEROカラーケアフォームを追加する

お肌が弱っている状態でいつもの洗顔料を使用すると、肌にとって刺激になってしまうかもしれません。

そこで洗顔にZEROカラーケアフォームを「ちょい足し」してみてはどうでしょうか。

ZEROはベビーソープと同じ界面活性剤を使用しているのでとても優しいものです。

保湿効果も高いので、マスクの影響で乾燥してしまうお顔の潤いをしっかりと保ちます。

ヘアカラーを長持ちさせるために使用していただくことの多い製品ですが、実はスキンケアとしてもご使用いただけます。

もしマスクで肌荒れしてしまったという時にはぜひZEROを使ってみてくださいね!

 

マスクとの上手な付き合い方を

今やマスクはどこに行くにも何をするにも手放せない必需品。

マスクを着用しないと入れない施設も増えていますので、ちょっと苦しいですがうまく付き合っていくしかありませんね。

一刻も早い収束を願っていますが、今はコロナ対策をしっかりと行って健やかにお過ごしくださいね!

関連記事一覧