【季節の変わり目】秋の抜け毛の原因と対策

こんにちは。

毛髪診断士 鈴木大地です。

一雨ごとに気温が下がり秋の訪れを感じますね。
毎年『秋になると抜け毛が増える気がする、、、』
そんなお悩みを抱えていませんか?

 

秋 抜け毛

 

なぜか増える、秋の抜け毛問題

実は季節が変わる9月〜10月は本当に抜け毛が増える時期でもあるのです。

「あなただけじゃないので過度な心配をしなくて大丈夫!」

なんて言われても気になりますよね。
そこで今回は「秋に増える抜け毛の原因と対策」についてお伝えしていきます。

 

秋は抜け毛の季節

秋 抜け毛

夏が終わり9月から10月にかけて、季節が移り変わります。
そんなときに気になるのはやっぱり抜け毛…

シャンプーをしているとき手についた泡の中に髪の毛がたくさんついていたり、
排水溝に髪が溜まっていくのを見るのは少々怖いものですよね。
このように季節の変わり目には抜け毛に悩まれる人がたくさん。

私たちの髪は約10万本生えていて、毎日生え変わっています。
正常な頭皮の状態だと1日に50~100本程度は抜け落ちていることをご存知ですか?
そんな中でも秋は1日に150本以上の抜け毛が出るような、1年の中で最も抜け毛が増える季節です。

そんな心配になってしまう抜け毛についてここからはその理由についてお伝えします。

 

秋の抜け毛の原因はコチラ!

①夏のダメージが表面化する

夏に浴びた強い紫外線により頭皮は大きな負担を受けています。
他にもエアコンの風に当たり続けた頭皮は冷えによって血行不良の状態が続き、
さらに乾燥も進んでしまうため、髪に栄養が届きにくい環境です。
そういった夏のダメージが秋になってから抜け毛という形で表面化しています。

②換毛期のため

犬や猫などペットを飼っている人ならわかると思いますが、動物には換毛期といって毛が生え変わる時期があります。
意外なことに人間にもその名残があって、今でも季節の変わる春と秋には人の髪も生え変わるため、抜け毛が増えると言われています。

③環境の変化による身体の不調

湿度の高い夏から乾燥が始まる秋にかけて環境が大きく変わります。
エアコンを当たり前に使用している私たち現代人は、季節の変化に体温調整の機能が対応しきれないため
体調を崩しやすく、ストレスもためやすい状態です。
食生活においても夏は体を冷やすものを多く食べることから、全身の血の巡りが悪くなっているため、
頭皮に栄養が届かず髪が弱ってしまいます。

このような様々な影響のシワ寄せが秋に抜け毛となって表れるのです。

秋に抜け毛が増えるのは毎年のことなので、過度に心配をする必要はありませんが、
できることなら抜け毛は減らしたいですよね。

年齢が上がるにつれて大切になる髪の毛、この髪を守っていくためには日々のケアが大切です。

 

秋の抜け毛にはその後のケアが大切

厳しい夏を乗り越えた頭皮はとても疲れています。
このままにしておくと髪が抜けるだけでなく、次に生えてくる髪が健康に育たないかもしれません。

そんなことにならないように今からでもしっかりとヘアケア、頭皮ケアをしてあげましょう。

 

頭皮のケアは色々な角度から

夏の外的環境、内的環境から負担を受けている頭皮は、きたる冬に向けて秋のうちにしっかりと回復させておきましょう。
そのためにはヘアケア方法や生活習慣など、基本的なところから改善していくことが望ましいです。

【入浴方法を見直す】

夏の暑い日には、ついシャワーだけで済ませてしまうこともありますが、
秋はしっかりと湯船に浸かり体を温めてからシャンプーをしましょう。
全身の血行が良くなり、頭皮のマッサージ効果が高まります。
また、毛穴が開くことで毛穴の奥の汚れも落としやすくなります。

【シャンプーを丁寧にする】

シャンプー

①シャンプーをする前にはブラッシング
髪の絡まりをほどき、髪に付着した汚れを浮かせるので汚れが落としやすくなります。

②ぬるま湯でしっかりすすぐ
 髪の汚れの7割はお湯で落とすことができます。
3分以上の時間をかけて頭皮を揉み洗いするように髪をすすぎましょう。
髪にたっぷりの水分を含ませてあげると、シャンプーが泡立ちやすくなり、髪同士の摩擦を防ぎます。

③シャンプーは頭皮を洗う
 頭皮をしっかりと揉み解すように丁寧に洗いましょう。
後頭部や耳の裏は洗い残しやすい部分です。
爪を立てないように、指の腹を使います。
 5分以上の時間をかけてゆっくりと洗いましょう。
頭皮をつむじ方向に引き上げるように揉み洗いをするとリフトアップ効果も得られるのでエイジングケアにもなりますよ。

④シャンプーを絶対に頭皮に残さない
 よく洗い流します。
シャンプーが頭皮に残ってしまうと、においの原因になったり、頭皮を炎症させてしまう可能性があります。
せっかくキレイに頭皮を洗っても台無しになってしまいます。
3分以上時間をかけてしっかりと泡を流します。

⑤トリートメントは毛先につけて時間をおく
 トリートメントはダメージの気になる毛先に塗布し、5分程度放置すると効果的です。
頭皮にはつけず、時間をおいたらしっかりとすすぎましょう。

 

【適度に運動をする】

リモートワークが増え、さらに長い梅雨や、猛暑日の続いた今年の夏は室内にいることが多く、運動不足になりがちです。
適度に体を動かすことで、全身の血流をよくし、頭皮にも栄養が運ばれやすい環境にしてあげましょう。
特に首と頭につながる、肩の運動はオススメです。
・肩甲骨を寄せるように肩をゆっくりと後ろ回し×10

【食事にタンパク質を取り入れる】

普段の食事にタンパク質を多くすることを意識します。
人の髪の毛はほとんどタンパク質で構成されているため、健康な髪を育てるためには良質なタンパク質を摂取することが大切です。
・鶏肉、豚肉、牛肉の赤み 
・納豆、豆腐などの大豆製品
・卵
・魚類
これらの食品を多めに取り入れてみることがオススメです。

【頭皮用ヘアケア製品を使用する】

健康な髪を育てるためには頭皮の環境を整える製品を使用するのも効果的です。
血行促進、頭皮の保湿、これらの効果があるものを使用しましょう。
育毛剤や頭皮の化粧水など様々なアイテムがあります。

【簡単頭皮ケアにはZEROカラーケアフォーム】

ZEROカラーケアフォーム

「ヘアケア製品は多すぎて何を選んだら良いかわからない」
そんなときにはZEROカラーケアフォームがおすすめ。

・保湿作用
・血行促進
・ヘアカラーの色もちUP
・凝り固まった頭皮を柔らかくする
・洗顔
・ボディケア
・においケア

このように1本の中にたくさんの効果が隠れています。
新感覚の泡トリートメントが夏に疲れた頭皮を優しく包み込んで癒します。
爽やかなフレッシュハーブの香りがバスタイムを贅沢に演出してくれます。
シャンプー前に揉み込むだけの簡単仕様なので毎日のケアにぴったりです。

 

これからの髪を強く育てよう

ここまで秋の抜け毛の原因と対策をお伝えいたしました。
秋は抜け毛が増える季節です。
これから成長する髪を守るために今日から実践できることもあるのではないでしょうか。
大切な髪を守るのは丁寧なヘアケアと頭皮ケア、それと健康的な生活習慣です。

ご自身のケアに取り入れられそうな方法があったらぜひ試してみてくださいね!

関連記事一覧