【動画で解説】頭皮の乾燥は化粧水で保湿しよう【頭皮はお肌】

【動画で解説】頭皮の乾燥を今すぐ改善する方法

 

頭皮が乾燥するなら化粧水て一発ケア

こんにちは。

毛髪診断士 鈴木大地です。

今回は頭皮の乾燥対策についてお伝えしたいと思います。

説明はいいから頭皮の乾燥を今すぐなんとかしたい!

という人のために動画をご用意いたしました。

今日からできる解決策をご紹介していますのでお急ぎの方は動画からご覧ください。
(画像クリックで見られます)

 

 

頭皮トラブルの検索数No.1は『乾燥』

頭皮 悩み 検索

数多くの人が検索している頭皮のお悩み、その最も上位に位置しているのが頭皮の乾燥です。

  • 頭皮がかゆい
  • 頭皮が硬い
  • パラパラした細かいフケが出る
  • 乾燥しているのに油っぽい

頭皮の乾燥はこのようなトラブルにつながることが多くお悩みの代表ともいえます。

ですがこの悩みはたった1つ、毎日のケア方法を変えるだけで解決できるかもしれません。

今回はそんな頭皮の乾燥を簡単にケアする方法をご紹介します。

 

 

頭皮の乾燥には化粧水を

頭皮 化粧水

まず結論からお伝えします。

頭皮の乾燥を防ぐためには化粧水を使いましょう。

このブログを読んでくださっている方はおそらく『頭皮 乾燥』や『頭皮 保湿』で検索した方ではないかと思います。

乾燥を気にしている人は普段からスキンケアにも気を使っているのではないでしょうか。

そこで思い出してほしいことがあります。

お顔のスキンケアは何をしていますか?

ほとんどの人が『洗顔』『化粧水』『乳液』といった内容になると思います。

洗顔した後はスッピン状態のため顔から水分が逃げやすいので、保湿をするために化粧水や乳液をつけますよね。

そこで思い浮かべて欲しいのが頭のケア。

頭のケアについてはどのようなことをしていますか?

毎日のケアとして代表的なのはやはりシャンプーとトリートメントではないでしょうか。

洗顔と同じくらい頻繁に行う人も多いはず。

ですがシャンプーをした後、頭皮に化粧水をつけている人は多くありません。

洗うという意味では【シャンプー = 洗顔】となりますので、シャンプー後の頭皮は洗顔後の顔と同じスッピン状態になっています。

スッピン状態の頭皮は、スッピンのお顔と同じように水分が蒸発しやすく乾燥がすすんでしまうため、本来であれば頭皮にも化粧水が必要です。

つまり頭皮の乾燥を防ぐためには頭皮にもしっかりと化粧水をつけることが大切なのです。

 

 

頭皮も顔と同じ1枚の皮

頭皮 顔 肌

ついつい忘れてしまいがちな頭皮の保湿ケア。

顔はしっかりケアをしていても頭はそのまま、なんてことは当たり前にあります。

ですが人の皮膚は頭のてっぺんから足の爪先まで1枚の皮でつながっています。

どれだけお顔をケアしても頭皮の状態が悪いとスキンケアの効果も半減…

逆に頭皮が潤って健康な状態なら私たちの体にいいことがたくさんあります。

 

 

頭皮を保湿するメリット

頭皮 セルフマッサージ

頭皮が潤うことで得られるメリットは思った以上にたくさんあります。

ここからは頭皮を保湿することで得られるポイントをご紹介します。

かゆみがなくなる

乾燥した頭皮は刺激に敏感になりやすく花粉やホコリなどが付着するとかゆみを感じてしまいます。頭皮がしっかり保湿され水分が保たれるとバリア機能が高まるのでかゆみを感じなくなり、頭皮をかくことが減るためより健やかな状態を保ちやすくなります。

【頭皮がかゆい!】乾燥から頭皮を守る6つの対策方法

頭皮が柔らかくなる

頭皮か乾燥している人は総じて硬さにも悩みを持っています。頭皮に水分があると頭皮自体に厚みが増すため弾力が出て、柔らかく血行のいい状態になります。

【2分でできる】頭皮を柔らかくするマッサージ方法

 

フケが防げる

フケの原因は『ターンオーバーの乱れ』や『マラセチア菌』などいくつかありますが、乾燥も原因の1つ。乾燥した頭皮からはパラパラとした細かいフケが出やすくなります。頭皮の水分を保つことで頭皮から皮膚が剥がれ落ちることを防ぎ、フケの防止にもつながります。

 

表情が明るくなる

頭皮が潤うと柔らかく弾力が出るので、顔全体が上に引き上げられリフトアップにつながります。顔が引き上がるとまぶたのたるみや目尻のシワ、口元のほうれい線、二重アゴの改善にもつながるので若々しく表情がパッと明るく見えます。とても元気な印象になります。

【頭皮が1ミリ下がると顔は1センチ下がる!】リフトアップは頭皮から

 

過剰な皮脂を抑えられる

人間の体は乾燥している部分があると表面にバリアを作ろうとして皮脂を分泌します。頭皮が乾燥していると逆に過剰な皮脂を分泌していまいベタつきやにおいの原因にも。しっかりと保湿をすることで皮脂バランスを整えることができます

【頭皮が臭い?】頭皮のにおいの原因と3つの対策方法

 

健康な髪が育つ

水分が保たれ頭皮が柔らかくなると、頭皮の毛細血管に血液が流れやすくなります。人の髪の毛は血液から栄養を受け取り成長しているので、血行がよくなり健康でたくましい髪が成長しやすくなります。抜け毛、白髪の予防にもつながります。

 

 

頭皮が乾燥する原因

頭皮 ドライヤー 乾燥

頭皮を保湿することの大切さをわかっていただけたと思います。

ここからは逆に頭皮を乾燥させてしまう原因についてご紹介します。

 

過度なドライヤー

シャンプー後に髪と頭皮を乾かすために必要不可欠なドライヤー。実はこのドライヤーの風は約90度の熱を持っています。抜けた髪を乾かす便利な道具ですが使い方を間違えると乾かしすぎに繋がり頭皮の乾燥を進めることになってしまいます。

空気の乾燥

秋〜春先にかけて空気が乾燥しています。また空調が使用されている室内でも空気の乾燥は進んでいてお顔や頭皮から水分を奪う原因になります。

 

洗浄力の強いシャンプー

洗浄力の強いシャンプーは頭皮のバリア機能をもつ皮脂を全て取り去り、乾燥しやすい状態にしてしまいます。『石油系』『高級アルコール系』と呼ばれる界面活性材を多く使用しているシャンプーには注意が必要です。

 

ストレスや食生活

ストレスを感じ体が緊張すると毛細血管が収縮し全身の血流が悪くなります。頭皮は体の中でも末端部分なので影響を受けやすく水分や血液が運ばれにくくなってしまいます。
また普段から水分の摂取が少ないと全身の血流が悪くなり頭皮に水分が届かず、乾燥しやすくなります。
運動不足でも同じことが言えます。

 

心当たりはありませんか?

普段、当たり前にしていることが頭皮の乾燥をすすめていないかぜひ意識してみてくださいね!

 

頭皮の乾燥を防ぐ3つの方法

頭皮 乾燥 保湿 方法

ここでは今日からできて結果がわかりやすい、頭皮の乾燥を防ぐ方法を3つご紹介します。

 

化粧水をつける

冒頭でもご紹介したように頭皮に化粧水をつけてしまうのが最も簡単で手っ取り早い方法です。顔に化粧水をつけるのと同じようにシャンプー後、ドライヤーをかける前に頭皮をしっかりと保湿してあげましょう。
詳しい付け方は動画(この記事のはじめ)でご紹介していますのでぜひそちらからご覧ください。

 

ドライヤーの乾かし方を変える

ドライヤーをかけるときは30センチ以上離しましょう。極端なことを言えば肘を真っ直ぐ伸ばすくらい離してもOK。できるだけ頭皮に熱が当たらないように乾かすことで水分の蒸発を防げます。仕上げは冷風で、髪と頭皮を落ち着かせてあげることがポイントです。

 

普段のシャンプー方法を変える

洗浄力の優しいシャンプーを使用することが乾燥防止には大切です。男性用に多い『爽快!メントール!』のようなシャンプーはNGです。『アミノ酸ベース』の界面活性剤を使用している製品がおすすめです。ゴシゴシ爪を立てて洗わずに、指先で優しくマッサージをするように頭皮を洗ってあげましょう。

正しいシャンプーの方法はこちら

しっかり保湿で潤い頭皮を

頭皮 顔 皮膚 保湿

ここまで頭皮の乾燥をケアする方法をご紹介いたしました。

お役に立てそうなところはありましたか?

頭皮がみずみずしく水分を保っていると健康面でも美容面でもメリットがたくさんあります。

今回ご紹介した乾燥対策は今日からすぐに始められるものですので、ぜひ楽しみながら頭皮の乾燥ケアをやってみてくださいね!

 

シャンプー中に頭皮の保湿ができるZEROカラーケアフォームはこちら

ZEROカラーケアフォームお得な定期便はコチラ

 

 

 

 

 

関連記事一覧